m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医学会総...>医療変革の必要性、「医療者は自覚しているのか」

医療変革の必要性、「医療者は自覚しているのか」

2014年診療報酬、2015年介護報酬の両改定担当課長が登壇

2015年4月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


第29回日本医学会総会の学術講演の3日目、4月13日に開かれた「日本の医療・介護制度を考える―2014年診療報酬改定と2015年介護保険改定を受けて―」で、2014年改定を厚生労働省保険局医療課長の立場で担当した宇都宮啓氏(現国立国際医療研究センター国際医療協力局長)と、2015年改定を担当した厚労省保険局老人保健課長の迫井正深氏の両氏がそろって講演した。座長を務めた京都府医師会副会長の安達秀樹氏は、「2025年に向けて大きく変わっていく医療と、必要性が高まる介護についての今後の方向性を見定める...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事