m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>「カルテで過失の有無を判断」、保険会社が答弁

「カルテで過失の有無を判断」、保険会社が答弁

産婦人科協会設立総会、「産科医療補償制度の本音が判明」

2015年4月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


一般社団法人日本産婦人科協会が発足、4月18日に設立総会が開かれ、「産科医療施設のリスク管理はどうあるべきか」をテーマに、シンポジウムが企画された。同協会は、分娩を取り扱う診療所や助産所などで構成、4月18日現在の会員数は379施設に上る。日本産婦人科協会事務局長の池下久弥氏。その席上、同協会事務局長の池下レディースチャイルドクリニック(東京都江戸川区)院長の池下久弥氏は、「産科医療補償制度の本音が判明した」と注目すべき発言をし、同制度が単に重度脳性麻痺の子供に対する補償だけでなく、責任追及の仕...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事