m3.com トップ>医療維新>レポート|日本医学会総...>ヤマト運輸、処方薬宅配に意欲、規制緩和求める

ヤマト運輸、処方薬宅配に意欲、規制緩和求める

医と産業の新しい連携、各社トップが持論展開

2015年4月23日 池田宏之(m3.com編集部)


第29回日本医学会総会において、4月13日、医療機器メーカーや宅配便事業者らのトップが集まり、「健康社会を支える医と産業の新しい連携~新医療時代の開花に向けて~」と題した特別企画があった。ヤマト運輸のトップは、調剤機能と配達機能の分離による処方薬の宅配に意欲を示したほか、ビッグデータの収集と個別化医療の進展で、医療費抑制、QOL向上につなげる考えが示された。医学と工学を橋渡しできる人材の育成や規制緩和を求める声なども出て、医療関連の産業の伸長への期待が示された。収益性確保は前提で、「新しい公共」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事