m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>聖マリ、指定取消20人全員を「徹底調査」

聖マリ、指定取消20人全員を「徹底調査」

中間報告を厚労省に提出、診療を制限

2015年4月24日 成相通子(m3.com編集部)


聖マリアンナ医科大学病院で、精神保健指定医を不正に取得したとして、医師11人とその指導医9人の指定医が取り消された問題で、同病院の尾崎承一病院長が4月23日、厚生労働省を訪れ、社会・援護局障害保健福祉部長の藤井康弘氏に、指定を取り消された医師の診療制限などを盛り込んだ中間報告書を提出、取り消し処分後の調査の進捗状況について説明した。これまで聖マリアンナ医科大は、同大に現在も所属する医師8人について指定医としての業務を検証するとしていたが、厚労省は退職した12人も含め、不正に関わった20人全員につ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事