m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医学会総...>基礎医学研究者の養成、4大学が現状紹介

基礎医学研究者の養成、4大学が現状紹介

経済支援、将来不安の解消が課題

2015年4月27日 成相通子(m3.com編集部)


第29回日本医学会総会学術講演で、「基礎医学者、PhysicianScientist、MD.PhDコースについて」と題する企画が4月12日開催され、京都大学、東京大学、慶應義塾大学、大阪大学の4大学が実施している基礎研究を志す医学生のためのプログラムを紹介し、実際の体験談も交えながら、今後の基礎医学研究教育の在り方について議論した。各大学では、基礎医学研究を志す学生数が減少傾向にあり、経済的な負担の多さやキャリアパスの不透明性など、将来の基礎医学研究者を増やすために解決すべき課題が改めて指摘され...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事