m3.com トップ>医療維新>レポート|日本医学会総...>「非推奨技術、3割以上負担」のアイデアも

「非推奨技術、3割以上負担」のアイデアも

学生企画のセッション、医療人育成もテーマに

2015年4月28日 池田宏之(m3.com編集部)


第29回日本医学会総会の特徴の一つは、医学生らが企画するセッションが開かれたことだ。4月12日に、「医療技術の評価」「医療人材育成制度」について発表、医学生らからは、医療技術の評価を導入した上で「推奨しないものは(自己負担を)3割以上としてはどうか」といった意見が出たほか、医学生の医学部教育への諦めがうかがえる調査結果などが示しされた。日本の医療技術評価に期待「医療技術の評価」について発表したのは、和歌山県立医科大学医学部4年の池田奈津子氏ら。抗癌剤やMRIなど新しい医療技術や高齢化の進展などで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事