m3.com トップ>医療維新>オピニオン|院内調査報告...>東京女子医大プロポフォール投与事件

東京女子医大プロポフォール投与事件

「責任追及型」の典型、医師の人権無視、公表にも疑問

2015年4月29日 大磯義一郎(浜松医科大学教授、医師・弁護士)


4月27日、東京女子医科大学病院が、いわゆる「プロポフォール投与事件」の外部調査委員会による事故調査報告書を、同病院のホームページ上で公表した(『「死因は禁忌薬の使用」、女子医大第三者委』を参照)。本件は、昨年3月に報道されて以降、大学の内部紛争に発展したり、遺族が院内で実施した事故調査報告書の撤回を要求したり、傷害致死で告訴しようとするなど、混乱を極めており、事件の顛末や報告書の取り扱いに注目が集まっていた。筆者も注目していた者の一人だが、残念ながら公表された報告書の内容には、残念ながら問題が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

院内調査報告書を徹底検証に関する記事(一覧

東京女子医大プロポフォール投与事件 2015/4/29