m3.com トップ>医療維新>オピニオン>初期研修、診療の幅と専門性のバランス必要

初期研修、診療の幅と専門性のバランス必要

若手医師による若手医師のための教育体制構築を

2015年5月16日 森田麻里子(仙台厚生病院麻酔科)


医師は、生涯にわたって学び続けることが必要だ。学生時代に一通りの知識を学んでも、それでは不十分だ。日々更新される膨大な医学知識を一人で全てカバーすることは不可能であり、初期研修医以降になると知識の幅広さと専門性のバランスが重要になる。しかし、時代や場所によって求められるバランスは異なり、一定の見解はない。40歳代の先輩医師は「20年くらい前までは、早いうちに専門性を高めることが求められ、医学部卒業後すぐに大学で専門的な診療に従事していたが、結果として専門以外の疾患を診ることができないことによる弊...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事