m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科医療補償、「カルテなくして補償なし」

産科医療補償、「カルテなくして補償なし」

東京高裁、産婦人科医の請求を棄却

2015年5月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


池下レディースチャイルドクリニック(東京都江戸川区)院長の池下久弥氏が、産科医療補償制度の補償金の支払いを求めて、東京海上日動火災保険株式会社を提訴した、保険金請求裁判の控訴審判決が5月14日、東京高裁(須藤典明裁判長)で言い渡され、2014年12月の東京地裁判決と同様に、池下氏の請求を退けた。池下氏は判決を不服として上告する方針。産科医療補償制度は、5社の損害保険会社による共同保険で、東京海上日動はその幹事会社だ。日本医療機能評価機構がその運営に当たる。東京高裁判決は、「本制度の保険契約上、東...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事