m3.com トップ>医療維新>レポート|大学・医学教...>6月から集中立入検査、特定機能病院

6月から集中立入検査、特定機能病院

厚労省がタスクフォース発足、承認基準見直しも視野

2015年5月15日 成相通子(m3.com編集部)


東京女子医科大学病院と群馬大学医学部附属病院で医療安全上の重大な問題があったとして、社会保障審議会医療安全分科会が特定機能病院の承認取消を求める決定をしたのを受け、「大学病院等の医療安全確保に関するタスクフォース」(本部長:塩崎恭久厚生労働大臣)が発足、第1回会議が5月14日、開かれた(資料は厚労省のホームページに掲載)。外部有識者3人を顧問に迎え、6月から実施する特定機能病院を対象にした集中立入検査の検査項目について協議した。3カ月間の集中立入検査で実態把握を行い、今秋以降に特定機能病院の承認...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事