m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>理研、公用語英語化、人事一本化など方針

理研、公用語英語化、人事一本化など方針

松本・新理事長が会見、「成果最大化を」

2015年5月24日 池田宏之(m3.com編集部)


STAP細胞の論文不正問題で揺れた理化学研究所の理事長として4月に就任した松本紘氏が5月22日に会見して、「科学力展開プラン」を公表した。定年制と任期制の研究人事制度の一本化や、英語の公用語化、優れた研究者向けに自由度の高い環境を与えるシステムの設立などが並ぶ。松本理事長は、「研究成果の最大化がミッション」と述べていて、STAP細胞問題で失った信頼を、どこまで回復できるかが腕の見せ所となる。理研の松本紘理事長は、短期的な成果を求める科学者の環境を変えたい考えも示した。人材育成に尽力の方針理研につ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事