m3.com トップ>医療維新>オピニオン>除染作業員の健康懸念、基礎疾患の未治療多数

除染作業員の健康懸念、基礎疾患の未治療多数

被曝線量以外のデータ収集、管理が急務

2015年5月27日 澤野豊明(南相馬市立総合病院、初期研修医)


放射能汚染と聞けば、被曝による健康被害を想像する方が多いのではないだろうか。2011年3月に東日本大震災ならびに福島第一原発事故の影響を受難した福島県南相馬市では、現在でも被曝線量軽減のため除染作業が行われている。最近私たちが行った調査では、除染作業員の健康は放射能被曝というより、もともとの健康状態が関連している可能性があることが分かった。そもそも除染作業員とは、南相馬市を含む放射線量が高い地域で、住居や農地の放射線量を表土剥離や枝切りなどで少なくする作業を行う人員だ。福島県内には1万5000人...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事