m3.com トップ>医療維新>レポート|安倍政権の医...>塩崎大臣、薬局減少容認の考え、経済財政諮問会議

塩崎大臣、薬局減少容認の考え、経済財政諮問会議

甘利大臣「より汗かいてほしい」、かかりつけ医の評価も

2015年5月27日 池田宏之(m3.com編集部)


政府の経済財政諮問会議が5月26日に開かれた(資料は、内閣府のホームページに掲載)。この日は、民間議員が前回提示した医療制度改革について、厚生労働大臣の塩崎恭久氏が、対応を説明した(『「適正化進まない地域、報酬下げ」案も、経済財政諮問会議』を参照)。塩崎氏は、後発医薬品の使用率目標の前倒しやかかりつけ医の報酬の評価、薬局の削減容認などを説明したものの、民間議員からは、「(前回の)全ての提案を盛り込むようにしてほしい」との認識を示し、医療法人への営利企業の参入や薬局数の半減を求める声などが出た。終...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

安倍政権の医療制度改革に関する記事(一覧

増田氏「給付切る、負担上げるだけでなく考える」 2019/10/10

日医横倉会長、「負担ばかりの議論」とけん制 2019/10/9

「都市部での遠隔服薬指導」、国家戦略特区で解禁 2019/10/2

「安倍政権下、対GDP比で医療給付費を抑制」内閣府 2019/10/1

全世代型社会保障検討会議、医療は来夏「最終報告」で 2019/9/20

日医横倉会長、医療費削減・負担増をけん制 2019/9/18

厚労副大臣に橋本岳氏と稲津久氏 2019/9/13

加藤厚労相、全世代型社会保障検討会議は「社保審と整合性もって」 2019/9/12

厚労相に加藤勝信氏が2度目の就任、第4次安倍第2次改造内閣 2019/9/12

「骨太方針2019」と「成長戦略実行計画」、閣議決定 2019/6/21

「社会保障、このままでは持続可能とは言えず」財政審建議 2019/6/19

医療の給付と負担の在り方、来年度の「骨太方針」に 2019/6/11

麻生財相「地域医療構想は不十分」、経済財諮問会議 2019/6/1

「保険者へのインセンティブ強化で疾病予防」未来投資会議で安倍総理 2019/3/21

「改革工程表2018」決定、全世代型社会保障制度への転換目指す 2018/12/20

「非課税下での消費税問題は全体で解決」、三師会と四病協が合同会見 2018/12/19

診療報酬本体0.41%増、厚労・財務大臣折衝 2018/12/18

「医療に係る消費税問題は解決」、日医 2018/12/14

社会保障分野61項目の改革求める、骨太2018工程表 2018/12/11

「いつでもどこでもケア」、オンライン医療を推進 2018/11/27