m3.com トップ>医療維新>レポート|医療裁判の判...>「同意書あっても説明不十分」と判断、再生医療

「同意書あっても説明不十分」と判断、再生医療

病院側に184万円の賠償命令、東京地裁判決

2015年5月29日 高橋直純(m3.com編集部)


脂肪由来の幹細胞を使った「再生医療」の実施に当たって、十分な説明がなく、かえって症状が悪化したとして70歳の女性が、東京都内の診療所(美容外科)の院長と担当医(当時)に634万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁(森冨義明裁判長)は5月15日、院長らに184万円の支払いを命じた。病院側は説明を尽くし、「私の自由意思に基づき本治療を受けることに同意します」とする同意書に署名を取っていると主張したが、裁判所は「説明義務が尽くされたとは言えない」と判断した。医療水準として未確立であることが多い自由診療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療裁判の判決詳報に関する記事(一覧

高裁、原審判決を踏襲-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.5 2017/6/19

「深く穿刺しないようにする義務を怠った」裁判所の判断-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol... 2017/6/12

発症までの経緯として裁判所が認定した事実-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.3 2017/6/5

上肢の全廃、「心的要因も」病院側が反論-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.2 2017/5/28

“技量ない”看護師の穿刺でCRPS発症か-静岡地裁、東京高裁判決を詳報◆Vol.1 2017/5/23

損害賠償金30万円、患者の自己決定権を侵害-横浜地裁判決を詳報◆Vol.3 2017/5/14

CT後に心臓カテーテル検査をすることの是非-横浜地裁判決を詳報◆Vol.2 2017/5/5

「増収のために不要な検査」は事実か-横浜地裁判決を詳報◆Vol.1 2017/5/3

「院内事故調報告書」と「外部専門家の意見書」-愛知がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.2 2017/2/12

院内事故調報告書が裁判資料に、愛知県がんセンター和解訴訟の詳報◆Vol.1 2017/2/11

研修医、非専門医の急性心筋梗塞見落としの責任は? 2016/10/23

誤嚥死亡で和解金600万、神戸地裁での双方の主張を詳報 2016/9/10

帝王切開で死亡、遺族の請求認めた「高裁の判断」◆Vol.2 2016/6/23

帝王切開で死亡、高裁が認定した事実◆Vol.1 2016/6/20

抜管時過失で1億2000万賠償、神戸地裁判決を詳報 2016/6/12

都立松沢病院紙おむつ異食死裁判、和解内容を詳報 2016/4/8

「医師夫は患者家族の立場で付き添い」、茨城医療過誤訴訟◆Vol.3 2015/10/31

「同意書あっても説明不十分」と判断、再生医療 2015/5/29

「敗血症見逃しは医師の過失」と判断、茨城医療過誤訴訟vol.2 2015/3/6

家族への診察は医師の責任か、茨城医療過誤訴訟vol.1 2015/2/27