m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>聖マリ「ゆるみきっていた」、指導医3人を追加取消

聖マリ「ゆるみきっていた」、指導医3人を追加取消

精神保健指定医の不正取得問題

2015年6月18日 成相通子(m3.com編集部)


聖マリアンナ医科大学病院で精神保健指定医の不正申請をしたとして指定医11人とその指導医7人の計20人の指定医資格が取り消された問題で、厚生労働省は6月17日、さらに3人の指導医が不正申請に関わっていたとして指定医の取り消し処分を決定したと発表した。同日の医道審議会医師分科会精神保健指定医資格審査部会の諮問で「取り消しが妥当」との答申が出た。発効は19日。取り消し処分を受けたのは、准教授2人と講師1人の3人の医師で、聖マリアンナ医科大学病院に今も所属している。厚労省によると、3人はこれまでに申請が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事