m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>准教授処分「重い責任」、聖マリが謝罪

准教授処分「重い責任」、聖マリが謝罪

診療体制縮小で患者激減、退局者を再雇用

2015年6月19日 成相通子(m3.com編集部)


精神保健指定医の不正資格取得問題で、准教授2人を含む3人の指導医が新たに指定医取り消し処分を受け、聖マリアンナ医科大学が6月18日に会見した。調査委員長で同大副理事長の青木治人氏は「准教授と講師という責任ある医師が処分され、重く受け止めている。改めてお詫びしたい」と謝罪した。聖マリアンナ医科大学病院では精神保健指定医を申請する際に、同一症例の使いまわしなどの不正があったとして、厚生労働省が今年4月、指定医11人とその指導医9人の計20人の指定医資格を取り消した(『聖マリ、20人が指定医取消、精神...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事