m3.com トップ>医療維新>オピニオン|The Vo...>薬剤師の法律問題SOS

薬剤師の法律問題SOS

第2回 重篤な副作用、どこまで伝える必要がある?

2015年7月1日 赤羽根 秀宜氏(薬剤師・弁護士)


医薬品には必ず副作用があります。重篤な副作用の多くはまれにしか起こりませんが、その可能性を患者に伝えると、副作用を怖がって服用を止めてしまうことも多いようです。ゆえに、医師や薬剤師は患者に説明するか判断を迷うのではないでしょうか。今回は重篤な副作用に対する、薬剤師の情報提供と指導の義務について解説します。医師の裁判例では留意点を指導すべきと判断実は重篤な副作用に関する裁判例が存在します。(高松高判平成8年2月27日判例タイムズ908号232頁)医師が患者にアレビアチンとフェノバールを併用投与した...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

The Voice(医療)に関する記事(一覧

学年LINEで試験情報の交換、今時医学生事情◆Vol.3 2018/4/1

毎月14万円の借り入れ、医学部学士編入生の懐事情◆Vol.2 2018/3/18

34歳で医学部2年生、学士編入生のリアル◆Vol.1 2018/3/11

「高野病院を支援する会」運営の舞台裏 2017/2/11

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/10/5

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/9/28

「かかりつけ医以外」への受診時定額負担の導入に反対 2016/9/3

北米現地レポート 2016/8/23

地域包括ケアを破綻させる論拠不在の経団連の主張に反論 2016/8/10

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/24

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/23

北米現地レポート 2016/6/16

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/9

在宅医療×EBMのケーススタディ 2016/6/2

私達のカラダの情報と未来 2016/5/29

化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか 2016/5/27

北米現地レポート 2016/5/24

創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判 2016/5/22

一発で診断できる名医はそんなにいない 2016/5/22

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/5/18