m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療構想>日医、「公立病院厳しい時代」と見解

日医、「公立病院厳しい時代」と見解

地域医療構想めぐり質疑、在院日数短縮認めない意向も

2015年7月9日 池田宏之(m3.com編集部)


7月2日に日本医師会が開催した都道府県医師会の担当理事向けに開催した「地域医療構想策定講習」では、各地の担当者から、構想の行方や不安についての質問が多く出た。地域医療構想について、病床削減につながる可能性を危惧する声が絶えなかったが、日本医師会の中川俊男副会長らが、「病床削減のための制度ではない」と強調し続けた。ただ、中川副会長は、結果的に病床が減っていく流れにあることを認めた上で、「公立病院は厳しい時代で、使っていない病棟どんどん減らしていくことになると思う」と見通す場面もあった。在院日数短縮...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

地域医療構想に関する記事(一覧

「地域医療構想アドバイザ-」、必要なのは現場感覚 2018/7/20

「実態のない急性期病棟」にメス、客観的基準で「外れ値」除外 2018/6/18

8府県は未設定、医療計画「原則記載」の在宅目標 2018/5/24

「地域医療構想アドバイザー」、都道府県単位で設置へ 2018/5/16

進む病院の再編統合、ネックは「給与体系の相違」 2018/5/16

地域医療構想調整会議、成功のカギは「対話と信頼」 2018/3/29

地域医療構想調整会議、「郡市医師会の役割が重要」 2018/3/28

急性期医療を全く提供していない「急性期病棟」、データ公表へ 2018/3/28

有床診の特例開設、「調整会議の協議」が前提 2018/3/3

「大学病院こそ地域包括ケアを理解、教育する場」 2018/1/11

「『No』と言える調整会議」、中川日医副会長 2017/12/24

地域医療構想、「調整会議の進め方」の指針取りまとめ 2017/12/13

「調整会議」の運営指針、年内にも取りまとめ 2017/11/20

病床機能報告の基準に「在院期間」、中川日医副会長が反対 2017/10/26

地域医療構想「正しい理解を」、中川日医副会長 2017/10/7

904億円基金、2015年度の年度内執行率は46% 2017/9/8

外科系の高度急性期・急性期、7%は「1カ月の手術ゼロ」 2017/7/19

公的医療機関に対し、「改革プラン」策定を要請 2017/7/19

医師偏在対策「キャリア形成プログラム」、医療計画に位置付け 2017/6/30

「新規開設・増床」、許可前に調整会議で確認 2017/6/23