m3.com トップ>医療維新>医師調査|後発品、地域...>後発品「患者が拒否」「先発品以外データなし」◆Vol.4

後発品「患者が拒否」「先発品以外データなし」◆Vol.4

後発品を巡るトラブル、副作用やメーカーの対応に疑問

2015年7月16日 池田宏之(m3.com編集部)


Q.5で、後発医薬品の使用中に、効能効果に疑問を感じた場合の対応を聞いたほか、後発医薬品を巡るトラブルについて、任意で具体的な記述をしてもらった(『後発品「疑問あれば、処方止め」が最多◆Vol.3』を参照)。主な回答を紹介する。【副作用】・後発品に変更した途端に薬疹が出た。・強力ネオミノファーゲンシーの後発品で、肝機能悪化を認めたので、即中断した。・睡眠薬を後発品に変更したところ、頭痛の訴えがあった。・薬局より「ジェネリックに変更しても良いか」という問い合わせがあり、成分は同じということであった...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事