m3.com トップ>医療維新>オピニオン|The Vo...>コミュニケーションスキルと脳科学

コミュニケーションスキルと脳科学

第2回 「顔が見えるコミュニケーションは脳に優しい」

2015年7月24日 枝川義邦(早稲田大学研究戦略センター教授)


人と人がコミュニケーションを取る際、脳はどのように働いているのでしょうか。早稲田大学ビジネススクールにて『経営と脳科学』の講座を持つ枝川義邦氏が、そのメカニズムを解説します。今回のテーマは「顔が見えるコミュニケーション」。電話での対応が脳に高い負荷をかけていることからみていきましょう。電話対応の難しさ電話での応対は、薬局業務では避けては通れないものの一つです。忙しい調剤の合間にかかってくる電話。まずは相手がどこの誰でどんな状態なのかを想像するところから始まります。相手が電話をかけ慣れていれば、話...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

The Voice(医療)に関する記事(一覧

「高野病院を支援する会」運営の舞台裏 2017/2/11

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/10/5

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/9/28

「かかりつけ医以外」への受診時定額負担の導入に反対 2016/9/3

北米現地レポート 2016/8/23

地域包括ケアを破綻させる論拠不在の経団連の主張に反論 2016/8/10

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/24

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/23

北米現地レポート 2016/6/16

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/9

在宅医療×EBMのケーススタディ 2016/6/2

私達のカラダの情報と未来 2016/5/29

化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか 2016/5/27

北米現地レポート 2016/5/24

創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判 2016/5/22

一発で診断できる名医はそんなにいない 2016/5/22

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/5/18

ジカウイルス感染症――神経親和性が引き起こす多彩な病態像 2016/5/16

震災と感染予防。キャッチアップ・スケジュールの制度化を望む 2016/5/13

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/5/11