m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>優等生の兄、その弟として誕生◆Vol.1

優等生の兄、その弟として誕生◆Vol.1

2015年8月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


医療界の歴史を語る上で、欠かせない人物がいる。その足跡をたどることは、医学が日進月歩し、医療制度改革が相次ぐ時代にあって、必ずや示唆に富む。新企画「私の医歴書」の第一弾としてご登場いただくのは、東京大学名誉教授で、84歳の今もなお、日本医学会会長として多忙な日々を送る高久史麿氏。生い立ちから現在に至るまで、この8月、1カ月間、連日の連載で、高久氏の「私の医歴書」をお届けする。――高久氏は現在84歳。生まれたのは、1931年2月11日。子供の頃の記憶を尋ねると、「ほとんど覚えていないので……」と断...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

私の医歴書◆高久史麿・日本医学会会長に関する記事(一覧

今後の課題は「フリーアクセス」「自由標榜」◆Vol.31 2015/8/31

運良く「時の流れに身を任せ」◆Vol.30 2015/8/30

自治医大の創設時、「一番のやりがい」◆Vol.29 2015/8/29

医師の長男、「長嶋一茂の心境」◆Vol.28 2015/8/28

卓球からテニスに「転向したわけ」◆Vol.27 2015/8/27

専門医、「標榜」と将来は連動◆Vol.26 2015/8/26

医学部、新設するなら第二の自治医大◆Vol.25 2015/8/25

瑞宝大綬章を受章、「教育への評価」◆Vol.24 2015/8/24

自治医大学長と日本医学会会長を兼務◆Vol.23 2015/8/23

分子生物学の拠点作りから教育まで◆Vol.22 2015/8/22

自治医大、通勤時間は片道1時間50分◆Vol.21 2015/8/21

国立国際医療センターで厚生省とのパイプ作り◆Vol.20 2015/8/20

1990年東大退官、英文の論文は562◆Vol.19 2015/8/19

EPOを治験、日本での“生みの親”に◆Vol.18 2015/8/18

保守的な東大、助手選考も見直す◆Vol.17 2015/8/17

東大教授、背中を押したのは「占い師」◆Vol.16 2015/8/16

自治医大のカリキュラム、一から作成◆Vol.15 2015/8/15

医局長就任、自治医大の設立準備も◆Vol.14 2015/8/14

東大紛争、研究室も封鎖される◆Vol.13 2015/8/13

米シカゴ大学に留学、そこで学んだことは?◆Vol.12 2015/8/12