m3.com トップ>医療維新>レポート>看護師特定行為14施設で研修実施へ、厚労省部会

看護師特定行為14施設で研修実施へ、厚労省部会

育成数「制度開始後でないと不明」

2015年8月5日 池田宏之(m3.com編集部)


10月から始まる看護師の特定行為研修に向けて、厚生労働省は7月末に医道審議会保健師助産師看護師分科会看護師特定行為・研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)を開き、研修施設の指定申請14件を審議し、全てを「指定して差し支えない」と結論付けた(資料は、厚労省のホームページ)。制度は、最大14機関で始まる見込みとなった。14施設における特定行為の実施できる看護師の育成数について、厚労省医政局看護サービス推進室は「制度が始まってから、一定期間経過しないと分からない」としている。厚労省は2025...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

診療科偏在「『女性差別で解決』は最悪の手段」、不正入試問題シンポジウム 2019/6/23

全自病会長、骨太原案は「医療の在り方厳しく設定」 2019/6/21

三位一体改革「病院混乱しないよう丁寧に」四病協 2019/6/21

早稲田大・田中総長、「単科医科大学との連携」改めて意欲 2019/6/20

横倉会長「参院選挙後に厳しい議論」、骨太方針2019に見解 2019/6/20

“病棟のかかりつけ医”、病院総合医活用で成果-済生会熊本病院◆Vol.1 2019/6/17

猪口・全日病会長の2期目決定、5人の副会長も続投 2019/6/15

「UHCに関する東京宣言」、WMA・JMA主催の「H20」で採択 2019/6/14

HPVワクチン積極的接種勧奨差し控えから6年、「早期再開を」 2019/6/13

オンライン診療実施医師は研修必修に、指針改定案まとまる 2019/6/11

「ACP導入で高齢者医療費を削減」、老年医学会理事長は否定 2019/6/10

老年医学会「適切なACP推進」を提言 2019/6/10

2020年度内に医療従事者向けAI教育プログラムを構築、厚労省 2019/6/7

「データの利活用の促進」主眼、規制改革推進会議が第5次答申 2019/6/7

「医師少数区域等を支援する機能」、全地域医療支援病院に必要か 2019/6/6

特定機能病院の承認要件見直し、厚労省案でまとまらず 2019/6/6

妊婦加算「そのまま再開は不適当」 2019/6/6

承認から8年目、ロタワクチン定期接種化に向けた審議続く 2019/6/6

2020年度改定「医師偏在是正」要望へ、「地域医療を守る病院協議会」 2019/6/5

日医会長「まずは都道府県内の医師偏在是正を」 2019/6/5