m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画>医薬分業、見直すべきか

医薬分業、見直すべきか

日医・中川副会長と日薬・笠井常務理事に聞く

2015年8月6日 聞き手・高橋直純(m3.com編集部)


年々高まる医薬分業。2014年度には医薬分業率が67.8%(日本薬剤師会調べ)に達した。一方で、大手薬局チェーンの薬歴未記載問題、健康づくり支援薬局(仮称)の制度化の動き、調剤薬剤費の伸びに注目が集まるなど、薬局の在り方をめぐる議論が活発化し、医薬分業は一つの分岐点を迎えている。日本医師会副会長の中川俊男氏と日本薬剤師会常務理事(医薬分業担当)の笠井秀一氏に、改めてあるべき医薬分業のあり方を聞いた。本記事をご覧いただき、ご意見をこちらから投稿ください。投票はこちらから。行きすぎた医薬分業押し戻す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事