m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>教授を諭旨退職、16人を処分、聖マリ

教授を諭旨退職、16人を処分、聖マリ

精神保健指定医取消の准教授と指導医は休職処分

2015年8月7日 成相通子(m3.com編集部)


聖マリアンナ医科大学病院の神経精神科で精神保健指定医を不正に取得したとして、23人の医師が指定医取り消し処分を受けた問題で、聖マリアンナ医科大学は8月6日、神経精神科の教授ら16人に対し、諭旨退職や懲戒休職などの学内処分を決定した。処分は7日付。学内処分を受けたのは、不正申請に関わった26人の医師のうち、既に退職した11人を除く15人。神経精神科部長の教授は申請には直接関与していなかったが、「教室の指導者としての責任は非常に重い」(同大)として、諭旨退職とした。早急に公募して教授を選考する方針。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事