m3.com トップ>医療維新>レポート|医療機関の消...>2014年改定の補填状況を調査、消費税分科会

2014年改定の補填状況を調査、消費税分科会

支払側「2014年度改定の補填、必要額か」との声も

2015年8月8日 池田宏之(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会の診療報酬調査専門組織「医療機関等における消費税負担に関する分科会」(分科会長:田中滋・慶応義塾大学名誉教授)が8月7日に開かれ、消費税率8%への引き上げ対応があった2014年度診療報酬改定の補填状況の調査実施が決定した。結果は11月めどに報告される予定。2017年4月に消費税率10%への引き上げが控える中、税率5%時までの医療機関の負担について、厚労省は「分からない」との認識を示すなどしたほか、保険償還されない医療材料への配慮を求める声などが出た。ただ、健康保険組合連合会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療機関の消費税問題に関する記事(一覧

控除対象外消費税への対応、「医療界として一本化」今村日医副会長 2016/3/24

10%引上時に解決を要望、消費税問題で日医 2015/8/27

2014年改定の補填状況を調査、消費税分科会 2015/8/8

「消費税“見える化”、難しい」、日病の堺会長 2015/7/22

13項目で消費税影響調査へ、日医検討会 2015/6/30

「経営努力しても赤字」に怒り、国立大学病院 2015/6/23

報酬、過大なひきはがしの懸念も、消費税問題 2015/6/11

消費税補填「消失してない」、厚労省、過去分認識 2015/5/22

国立大学病院「不平等」と不満、消費税問題(2015年4月27日訂正) 2015/4/25

財務省が四病協の調査を評価、消費税問題 2015/4/21

消費税補填率は約7割、私立医科大病院 2015/3/30

日医と財務省の認識に隔たり、控除対象外消費税 2015/3/20

消費税問題、財務省が日医検討会に参加 2015/3/12

消費増税、全病院で344億円の負担増 2015/3/2

「1億円以上」が8大学、消費増税による持ち出し 2015/1/24

消費税負担「見える化」へ、2015年度税制改正 2015/1/8

6割の病院、消費税補填されず、8%引き上げで 2014/10/28

「来年10月の解決難しい」、消費税問題で自民・野田氏 2014/10/15

消費税対応「まだ入り口」、日病堺会長 2014/9/30

課税転換要望、不変も「一本化」強調、四病協 2014/9/24