m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|改革進む医学...>無医地区が全国で2番目に多い県◆広島大学Vol.3

無医地区が全国で2番目に多い県◆広島大学Vol.3

地域医療を担う医師を育てる

2015年8月24日 成相通子(m3.com編集部)


広島県は北海道に次いで2番目に無医地区が多い。人口約280万人の県に、医学部があるのは広島大学のみ。地域に根付いた臨床医の養成は喫緊の課題だ。2006年の医師数調査では、全国で医師数が減少に転じたことが判明。広島県でも診療体制を縮小する医療機関が相次いだため、2008年に危機感を持った広島県知事、県医師会、広島大学長らが連名で緊急アピールを発表し、地域医療の現状を県民に訴えた。県は医療体制整備事業として医師確保対策の推進や地域医療の充実に努めている。2010年に県の寄付金で開設されたのが広島大学...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

改革進む医学教育に関する記事(一覧

教員を50項目以上で客観的評価、年俸への反映も-富山大学◆Vol.3 2018/11/5

卒業生の20、30年後まで責任を持つ-富山大学◆Vol.2 2018/10/30

新設医学部でいち早く国際認証を取得-富山大学◆Vol.1 2018/10/23

82大学での競争の中で選ばれる存在に-琉球大学◆Vol.3 2018/10/16

医学部・附属病院、2024年度末に全面移転-琉球大学◆Vol.2 2018/10/12

「離島×国際化」、医学教育で高評価-琉球大学◆Vol.1 2018/10/10

創設者「川崎先生」の志を継承、そして革新-川崎医科大学◆Vol.3 2018/10/4

大学附属病院病棟を「模擬病棟」に改修-川崎医科大学◆Vol.2 2018/10/1

1年生全員が寮生活、“学生のための大学”目指す-川崎医科大学◆Vol.1 2018/9/25

国際認証、自律できる学生の育成……課題多々-札幌医科大学◆Vol.3 2018/9/21

昨今の医学生気質、“幼さ”が気になる-札幌医科大学◆Vol.2 2018/9/17

臨床実習72週、充実に向け多彩な“仕掛け”-札幌医科大学◆Vol.1 2018/8/31

学生と対話、集中講義に「ミニ国試」-大阪医科大・大槻勝紀学長に聞く◆Vol.2 2017/10/6

超高齢化への対応は、大学の使命-大阪医科大・大槻勝紀学長に聞く◆Vol.1 2017/9/29

卒業生のネットワークが強み-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.2 2017/8/29

独自カリキュラムで卒業生は「永久ライセンス」-上田陽一・産業医科大学副学長に聞く◆Vol.... 2017/8/22

医師偏在対策は、地域への愛着-福田寛・東北医科薬科大学医学部長に聞く◆Vol.2 2017/8/15

「東北の地域医療を支える」が使命-福田寛・東北医科薬科大学医学部長に聞く◆Vol.1 2017/8/7

国際医療福祉大学、医学部一期生140人迎え、入学式 2017/4/2

「医学部1、4年生の留年」、定員増以降に増加 2017/3/18