m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画>特攻直前、「手術を代わってやれず、後悔」◆Vol.2

特攻直前、「手術を代わってやれず、後悔」◆Vol.2

元海軍医・佛坂氏、『「雪風」からみた「大和」の最後』上梓

2015年8月23日 高橋直純(m3.com編集部)


戦艦「大和」の出撃は実は一見無謀の出撃に似て、その実、終戦とその後の民族復興のための祭壇に備える(原文ママ)帝國海軍、最後の悲しい供物の一つであった。『「雪風」からみた「大和」の最期』より引用佛坂泰治氏、93歳まで現役続ける1945年4月6日、当時25歳だった佛坂泰治氏は、駆逐艦「雪風」の軍医長として、戦艦「大和」に随伴し沖縄に向かった。特攻出撃だった。出撃準備命令が出されたのは3月24日。25日から4日間は上陸許可が出た。交代で上陸することになったが、ある軍医は自分の上陸時間に盲腸炎患者が発生...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事