m3.com トップ>医療維新>レポート|地域医療構想>医師数報告見送り、病床機能報告で、本年度

医師数報告見送り、病床機能報告で、本年度

報告督促やデータ訂正依頼は実施へ

2015年8月28日 池田宏之(m3.com編集部)


厚生労働省の「地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」(座長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)が8月27日に開かれた。10月から実施する2回目の病床機能報告における医師数報告は、前回の議論を経て見送りとなり、今後の追加項目を検討することとなった(『医師数の報告追加に異議、病床機能報告制度』を参照)。今回から、未提出の医療機関への督促や、明らかなデータの誤りの訂正を求めることを実施することが決まった。また、今後の活用方法についての議論があり、データが集積した結果として、慢性期医療で示された...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

地域医療構想に関する記事(一覧

公立・公的病院の病床機能、2025年度も全体では「現状維持」 2019/5/16

第7次医療計画「中間年の見直し」見据え、今年末に意見集約 2019/3/29

17項目で診療実績「見える化」、公立・公的病院の再編後押し 2019/3/20

病床機能報告「稼働病床数」は廃止、3項目を見直し 2019/2/25

地域医療構想、医師確保計画、働き方改革は「一体的に」 2019/2/15

「公の重点化」が必要な構想区域、4つのパターン例示 2019/1/31

基金100億円増額も「使い勝手が悪い」、中川日医副会長 2019/1/17

地域医療構想、実現を阻むのは「首長」 2018/12/21

「在宅医療充実に向けた都道府県の役割」、厚労省通知へ 2018/11/12

地域医療構想調整会議、「多数決で採決」はNG 2018/10/26

厚労省、「在宅医療の充実に向けた議論の整理」(案)を提示 2018/9/11

「地域医療構想アドバイザ-」、必要なのは現場感覚 2018/7/20

「実態のない急性期病棟」にメス、客観的基準で「外れ値」除外 2018/6/18

8府県は未設定、医療計画「原則記載」の在宅目標 2018/5/24

「地域医療構想アドバイザー」、都道府県単位で設置へ 2018/5/16

進む病院の再編統合、ネックは「給与体系の相違」 2018/5/16

地域医療構想調整会議、成功のカギは「対話と信頼」 2018/3/29

地域医療構想調整会議、「郡市医師会の役割が重要」 2018/3/28

急性期医療を全く提供していない「急性期病棟」、データ公表へ 2018/3/28

有床診の特例開設、「調整会議の協議」が前提 2018/3/3