m3.com トップ>医療維新>レポート>ドクターコールで損害賠償、JALは自社で負担◆Vol.1

ドクターコールで損害賠償、JALは自社で負担◆Vol.1

「臨機応変に」「独自プログラム導入」各社で取り組み様々

2015年9月7日 成相通子、高橋直純(m3.com編集部)


「お医者様はいらっしゃいますか」――。飛行機や新幹線などで、急病人が発生した時、医師に協力を求めるドクターコール。それに「応えたくない」と考える医師がいるのは事実。検査や治療の手段が限られる上、何らかの問題が生じた場合に責任を取られるなどの懸念があるからだ。m3.com編集部が国内外の航空会社に対し、急病人が発生した場合の対応方法に関して取材したところ、その公表の有無を含め、航空会社により大きな違いがあることが分かった。その取材結果を紹介する。参考写真損害賠償があれば、JALは原則「自社で負担」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

“病棟のかかりつけ医”、病院総合医活用で成果-済生会熊本病院◆Vol.1 2019/6/17

猪口・全日病会長の2期目決定、5人の副会長も続投 2019/6/15

「UHCに関する東京宣言」、WMA・JMA主催の「H20」で採択 2019/6/14

HPVワクチン積極的接種勧奨差し控えから6年、「早期再開を」 2019/6/13

オンライン診療実施医師は研修必修に、指針改定案まとまる 2019/6/11

「ACP導入で高齢者医療費を削減」、老年医学会理事長は否定 2019/6/10

老年医学会「適切なACP推進」を提言 2019/6/10

3度不合格の女性「なぜ人の人生を性別で品定めするのか」、東京医大訴訟 2019/6/7

2020年度内に医療従事者向けAI教育プログラムを構築、厚労省 2019/6/7

「データの利活用の促進」主眼、規制改革推進会議が第5次答申 2019/6/7

「医師少数区域等を支援する機能」、全地域医療支援病院に必要か 2019/6/6

特定機能病院の承認要件見直し、厚労省案でまとまらず 2019/6/6

妊婦加算「そのまま再開は不適当」 2019/6/6

承認から8年目、ロタワクチン定期接種化に向けた審議続く 2019/6/6

2020年度改定「医師偏在是正」要望へ、「地域医療を守る病院協議会」 2019/6/5

日医会長「まずは都道府県内の医師偏在是正を」 2019/6/5

加熱式たばこの“禁煙推進抑止効果”に警鐘 2019/6/4

遺体を取り違えて解剖、遺族に謝罪、仙台厚生病院 2019/6/3

公立福生病院の透析終了、「真摯な意思は明らか」 2019/6/1

「卒前・卒後教育のシームレス化」提言へ、AJMC 2019/6/1