m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>恩師の教授、「Academic surgeonを目指せ」◆Vol.11

恩師の教授、「Academic surgeonを目指せ」◆Vol.11

2015年9月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


――ハーバード大学におけるストレス潰瘍の研究に当たっては、内視鏡を日本から取り寄せるなど、独自のアイデアで研究を進めた。ストレス潰瘍の研究では、こんなエピソードがあります。マウスを使って実験していたのですが、最初はマウスを殺した後、胃を取り出してその組織変化を見ていた。これを人間と同様に、内視鏡で見てみたいと思った。しかし、それができる内視鏡はアメリカにはなかったので、日本のオリンパスに手紙を出して、6ミリか7ミリくらいの細い内視鏡を送ってもらうようにお願いした。しかし、いつまで経っても届かなか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事