m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>国試合格率に苦労も、臨床と研究に邁進◆Vol.14

国試合格率に苦労も、臨床と研究に邁進◆Vol.14

2015年9月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1977年9月から1991年4月の杏林大学時代、苦労したのが、医師国家試験の合格率。医学生を集め、スモールグループを作り、国試対策も随分やったという。国家試験への対応は非常に苦労しました。合格率が低いと、外来患者さんがごそっと減ってしまったり……。相馬先生が、「子供が、学校で、『なぜお父さんの大学の合格率は低いんだ』と言われている」と嘆いていました。国家試験の合格率が、全国で下から2番目になった、ある年。合格発表からしばらくして、私の実験成果が、テレビで取り上げられ、放映されていた。ある夕方...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事