m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>自由度高い杏林大、多数の業績残す◆Vol.15

自由度高い杏林大、多数の業績残す◆Vol.15

2015年9月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


――手術の低侵襲化については、内視鏡下手術の導入を検討するほか、開腹での手術手技についても研究を重ねていた。手術手技を改良しては、動画を16mmフィルムで撮影して、学会などで発表していました。新しい手術手技を考案して、本にもまとめました。その一つが、食道と胃噴門部の癌の手術。左開胸か右開胸を行い、腹部を開けて手術をするのが一般的でした。これは侵襲が非常に大きく、成績も良くない。何とか侵襲を小さくしたいと考え、ある病院でその方法にチャレンジしており、見学に行ったところ、我々にもできそうだと思った。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事