m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>1991年、外科教授として慶應大に復帰◆Vol.16

1991年、外科教授として慶應大に復帰◆Vol.16

2015年9月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1991年5月、14年ぶりに慶應大に戻り、外科教授に就任する。若手の頃、そして杏林大学の教授になった頃、教授として同大に戻ることを想定していたのだろうか。「慶應大教授就任は、落下傘が敵地に落ちたようなもの」と言っていたという(写真:的野弘路)自分のキャリアが将来どうなるかについては、特別考えていませんでした。慶應に戻ってから、皆によく言っていたのは、「自分が教授になりたいとか、学会の理事長や会長をやりたいとか言っても、絶対になれない。それは周りの人が推してくれるもの」ということ。そもそも慶應...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事