m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>慶應大教授として15年計画を立案◆Vol.17

慶應大教授として15年計画を立案◆Vol.17

2015年9月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


――苦労が多い中でも、北島氏は1991年5月の外科教授就任から、65歳という定年までの15年間のプランを立てて、その実行にまい進した。「新しいものをやろう」と考えるのではなく、「未来を見据えてやっていく」のが、私のマインド。2000年に日本外科学会定期学術集会の会長を務めた時も、「未来のための今」というテーマを掲げた。「今のための今ではなくて、未来のための今」なのです。私が慶應の外科教授になったのは、50歳を迎える節目の年。定年は65歳。その15年間を、5年ずつ区切り、タイムスケジュールを立てま...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事