m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>臓器移植、「数より質で勝負」◆Vol.18

臓器移植、「数より質で勝負」◆Vol.18

2015年9月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


――肝臓移植を実施し、先進医療として申請するには、2症例の経験が必要だった。慶應の移植で優れたところは、ピッツバーグ大学で移植コーディネーターの勉強をし、博士号を取得した添田看護師がいたこと。その看護師さんが非常に活躍してくれ、移植もスムースに行ったのです。ただ苦労したのが、資金面。1症例当たり、1000万円以上かかると予想された。当時、慶應義塾大学の常任理事を務めていた先生にお願いして、2症例の移植ができる程度の予算を確保してもらい、患者さんの負担は100万円に抑えた。ただ当時、「なぜ外科だけ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事