m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>「da Vinci」、アジアの第1号機導入◆Vol.19

「da Vinci」、アジアの第1号機導入◆Vol.19

2015年9月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1991年の教授就任時、取り組むべき3つのテーマとして掲げた一つが、低侵襲・個別化手術だ。フランスのMáurèt先生が、腹腔鏡下胆嚢摘出術に成功したのは、1987年です。当時は、「GreatsurgeonGreatincision」と言って、「偉大な外科医ほど大きな傷を作って手術をやる」時代でした。我々も、Máurèt先生のビデオを最初に見た時は、「そんな小さな穴しか開けない手術は、外科医がやることではない」と考えていた。しかし、次第に考えが変わり、患...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事