m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師と看護師...>診療の補助拡大、「責任は医師」が大半◆Vol.2

診療の補助拡大、「責任は医師」が大半◆Vol.2

医師は好意的でも、看護師の負担感増

2015年9月13日 成相通子(m3.com編集部)


Q.2「診療の補助」を看護師が行った場合、誰の責任になるか決まっていますか。(%は、医師、看護師のそれぞれのnに対する割合)Q.1で病院勤務の医師(302人)と看護師(238人)に対し、ここ2,3年で看護師の「診療の補助」の種類が増えたかを尋ねた(『「診療の補助」、増加は2~3割』を参照)。そのうち、「増えた」と回答した医師(70人)と看護師(65人)に対して、「診療の補助」の責任の所在について聞いた。両者ともに多かったのは、「指示をした医師」と「場合による(医師に及ぶこともある)」。近年増えた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事