m3.com トップ>医療維新>医師調査|医師と看護師...>診療の補助、知らぬ間に慣例的に増加?◆Vol.3

診療の補助、知らぬ間に慣例的に増加?◆Vol.3

医師と看護師で決定方法の認識にズレ

2015年9月19日 成相通子(m3.com編集部)


Q.4看護師の「診療の補助」の種類を増やす際に、どのように決定しましたか。(複数ある場合には、最も多いケースについて)Q4では、ここ2,3年で勤務先の病院において、看護師の「診療の補助」の種類が増えたと回答した医師(n=70)と看護師(n=65)(詳しくはVol.1を参照)に、どのような決定プロセスで増やしたのかを尋ねた。全体的には、「病院管理者が決定した」「院内の委員会に諮り、決定した」といった、病院として意思決定したケースが多かったが、看護師は「慣例的に増えていった」を選んだ人が約4分の1を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事