m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>赤字の慶應病院の黒字化に成功◆Vol.22

赤字の慶應病院の黒字化に成功◆Vol.22

2015年9月22日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1999年から慶應大学病院の病院長に就任、さまざまな業務改革を実施した。病院長になってまず始めた一つが、診療前採血です。慶應病院の外来は、患者さんが多い。多い時で当時、1日当たり約5500人に上っていました。医師に診てもらって採血して、血液検査の結果が出る頃に再び受診してもらうのは、患者さんに気の毒。それで、診療前に採血をして、その結果がすぐ出るようにして、診療に役立つようにした。「業務の手順が変わって、大変だ」とか言われ、随分抵抗も受けましたが、実施に踏み切った。検査室が内科外来の近くにあ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事