m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>生まれ変わっても外科医◆Vol.30

生まれ変わっても外科医◆Vol.30

2015年9月30日 橋本佳子(m3.com編集長)


――「ディスラプティブ・イノベーション」は、国際医療福祉大学でも実現を目指す。国際医療福祉大学学長室にて(写真:的野弘路)国際医療福祉大学がある栃木県には、医療機器産業が多い。毎年2月に、30社以上の企業に来てもらって、大学の教員や病院の医師が、シーズを発表してもらう機会を設けています。そこでマッチングが起きてくるのです。最近の事例は、嚥下障害のある患者さんが使うスプーン。嚥下障害の患者さんが食べられる1回の量は、約3g。言語聴覚科の教員が、3g以内であれば青いランプ、超えると赤いランプが付くス...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事