m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>聖マリ資格不正取得の23人医業停止、医道分科会

聖マリ資格不正取得の23人医業停止、医道分科会

「社会的責任重い」、指導医により重い処分

2015年10月2日 高橋直純(m3.com編集部)


厚生労働省は10月1日、医道審議会医道分科会の答申を受け、医師、歯科医師合わせて47人(医師40人、歯科医師7人)の行政処分を決定した。厚労省からの諮問は計56人で残る9人のうち8人は「厳重注意」、1人は「保留」だった。聖マリアンナ医科大学病院での精神保健指定医の不正取得問題では、診察していない症例のリポートを提出し、指定医を不正取得した医師11人が医業停止1カ月、指導医12人が医業停止2カ月の行政処分となった。処分の発効は10月15日。答申は9月30日付けで、塩崎恭久厚労大臣の公務の都合で決定...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事