m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>7対1病院、要件の厳格化?

7対1病院、要件の厳格化?

厳格化と現状維持、支払側と診療側で対立

2015年10月15日 成相通子(m3.com編集部)


中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授長)が10月14日に開かれ、入院医療の機能分化の推進について議論した。2014年度改定では、機能分化推進のため7対1入院基本料の算定要件を厳格化したが、改定後の結果の評価をめぐって、さらに要件を厳格化すべきとの支払側とそれに反対する診療側で解釈が鋭く対立する場面があった(資料は、厚労省のホームページ)。話題になった改定後の状況を示す資料はこちら(厚労省のホームページ)。7対1病棟の平均患者数や届出病床数は減少傾向にある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。