m3.com トップ>医療維新>レポート>国立国際医療研究センター、誤投与事故「10の疑問に回答」◆Vol.1

国立国際医療研究センター、誤投与事故「10の疑問に回答」◆Vol.1

なぜ誤投与は起きたのか?なぜ警察に届け出たのか?

2015年10月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


造影剤の誤投与事故で揺れた、国立国際医療研究センター病院。事故は2014年4月に発生、患者は死亡。担当した後期研修医は業務上過失致死罪に問われ、2015年7月、有罪判決を受けた(『造影剤の誤投与「初歩的、重い過失」、禁錮1年』を参照)。「検査室の棚に置いてあった、造影剤の取り違え」というミスは、なぜ起こったのか。事故直後、どのように対応したのか、その後、どんな医療安全体制の見直しを行ったのか……。刑事裁判の公判を通じても、いまだ疑問点は多い。同センター病院はこれまで取材対応は控えていたが、刑事裁...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

父をご支援頂いた皆様へ【故人・長男中村健氏】 2019/12/11

追悼の辞【ペシャワール会会長村上優氏】 2019/12/11

中村医師の葬儀、アフガン大使、医療関係者ら1300人超が参列 2019/12/11

市中病院実施の手術料引き上げを強く要望、外保連 2019/12/10

日医参与「医師のICTリテラシーの低さが課題」 2019/12/9

医学部地域枠「今のスキームはアウト、“アカハラ”の懸念も」 2019/12/9

「失敗から学ぶ」から「レジリエンス」への転換を 2019/12/8

「大幅プラス改定で働き方改革実現を」日医など総決起大会 2019/12/6

福島医大、手術事故を機に医療安全アクションプラン策定 2019/12/5

「あはき、柔整は今後も伝承していくべき」日医・釜萢氏 2019/12/3

医療データ活用で新学部、2022年設置を計画、東京医科歯科大 2019/12/3

「横倉日医会長×小泉環境相」、人生100年時代語る 2019/12/1

「定年後の医師が活躍できる医療環境を」、やまがた宣言 2019/11/30

NICUは集約化・重点化、「量」から「質」の時代へ 2019/11/28

横倉会長「医師会代表として心からご冥福を祈る」 2019/11/28

横倉会長「本体マイナスは300万人の賃下げ要望に等しい」 2019/11/28

「精神科主治医として性的搾取」、遺族が医師免許剥奪求める 2019/11/26

「地域フォーミュラリ」で薬剤費削減に成功-日本海ヘルスケアネット◆Vol.2 2019/11/26

東京五輪・パラリンピックへ向け、メディカル研修始まる 2019/11/25

「迫る2022年危機!今こそ改革断行を!」、4つのスローガン決議 2019/11/22