m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>尊敬する臨床医と出会い、内科の面白さ知る◆Vol.6

尊敬する臨床医と出会い、内科の面白さ知る◆Vol.6

2015年11月6日 橋本佳子(m3.com編集長)


――基礎から臨床まで一通り講義を受けて、自身の進路はいつ頃決めたのだろうか。学生時代には一時期、脳外科をやろうかと思ったこともありました。心臓外科はまだ萌芽期で、脳外科が外科系の中でも先端だったことと、脳外科教授だった荒木(千里)先生が、自身のさまざまなエピソードを交えながら、非常に洒脱な講義をされる人で面白かったからです。当時は卒業してから1年間のインターンがあったのですが、その間にやはり内科が面白いと思うように、変わりました。もっとも、インターンは、後に廃止運動が起きたように、内容は乏しかっ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。