m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>地域包括ケア病棟に「急性期対応の報酬を」

地域包括ケア病棟に「急性期対応の報酬を」

日医と四病協が中医協で提案

2015年10月30日 成相通子(m3.com編集部)


10月28日に開かれた中央社会保険医療協議会総会(会長:田辺国昭・東京大学大学院法学政治学研究科教授)で、日本医師会と四病院団体協議会が共同で、地域包括ケア病棟について「病院機能に着目した診療報酬上の評価」を求める提言を発表した。具体的には、現行の地域包括ケア病棟の包括算定に加えて、急性期医療を行った場合の報酬体系の創設や、急性期病棟を持つ病院の地域包括ケア病棟を1棟に制限することを例示している(資料は、厚生労働省のホームページ)。提言に対し、健康保険組合連合会副会長の白川修二氏は「前回改定で、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。