m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>米国の良さと問題、留学中に実感◆Vol.11

米国の良さと問題、留学中に実感◆Vol.11

2015年11月11日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1960年代における日米の研究環境は、どのような相違があったのだろうか。良い面と悪い面、両方がありますが、アメリカでは研究費は豊かで、設備をはじめ、研究環境が非常に整っていること、また激しいディスカッションを交わす点では非常にいいと思いました。私の研究データも、ある程度、まとまったらカンファレンスで発表すると、いろいろ叩かれる。それを基に発表をブラッシュアップすることが可能なのです。スライドも、自分で作成するのですが、「このスライドは分かりにくいから、こうしたらどうか」と指摘される。学会発表...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事