m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>休暇の全米旅行は“大学教授訪問”◆Vol.12

休暇の全米旅行は“大学教授訪問”◆Vol.12

2015年11月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


――約1年3カ月の留学期間中、研究でも成果を挙げたほか、全米の内分泌関係の著名な教授を訪問したことが、大きな収穫だった。最初に行ったのは、バッファローの研究所。ナイアガラ瀑布が見たかったから(笑)。次にボストンに行って、ハーバード大学、それからニューヘブンのイエール大学を回り、ニューヨークでは、Bersonというラジオイムノアッセイを始めた教授を訪問。フィラデルフィアでは、副腎性器症候群の発見で有名なEberlein教授。それからベセスダのNIHとセントルイスのワシントン大学。いずれも訪問したの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事