m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>研究室の仇名は「楠町の不夜城」◆Vol.15

研究室の仇名は「楠町の不夜城」◆Vol.15

2015年11月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


――神戸大教授、就任当初は、「お金も人もない」状況だったが、1972年春、ようやく体制が整い始め、研究をスタートできた。この時に、強く感じたことは、「お金よりも人」ということ。助教授1人、講師2人、助手6人のポストのほか、医員を数人採用できる枠があった。助教授の枠は最初は他の教室に流用されていたのですが、それ以外は全て空いていたから、自由に採用できたのです。医員は5人採用、それから千原君のほか、大学院生が4人入ってきれくれたので、いきなり20人近い教室になりました。教授になった時、私は40歳。教...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事