m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>京大教授に就任、大学紛争の名残で苦労◆Vol.16

京大教授に就任、大学紛争の名残で苦労◆Vol.16

2015年11月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


――当初は予算もなく、立ち上げに苦労した神戸大教授。5年間半、務め、1977年に京大第二内科の教授に就任する。京大第二内科の教授は、私が入局した時は三宅教授、その後、免疫学が専門の深瀬政市教授に変わりました。深瀬教授が定年より1年くらい早く辞められ、当時の島根医大の学長に就任されることになり、「急きょ、教授選をやるから出るように」と言われたのです。神戸大に行った直後は苦労しましたが、次第に研究成果が出て、軌道に乗ってきていたので、教授選に出るかどうかは迷いましまた。仕事もしやすくなっており、若い...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事