m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>ANP、BNPで新知見、心不全診療に貢献◆Vol.17

ANP、BNPで新知見、心不全診療に貢献◆Vol.17

2015年11月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


――1977年の京大第二内科教授就任後、人員体制とともに、研究についても、体制を整え、進めていた。京大では、神戸大の研究の続きとして、ACTHのほか、心臓ホルモン、インスリン、後にインクレチンと呼ばれる消化管ホルモンなどの研究にも取り組んでいました。心臓ホルモンの研究を始めたのは、日本では高血圧症の患者が多いからです。血圧を調節するホルモンとして、当時分かっていたのは、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系。しかし、これだけでは説明できない現象が、たくさんあります。心臓ホルモンの一つ、ANP...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事